高給与 看護師 求人

高給与の看護師求人の転職サイトはズバリココ!!

看護師転職で、今の職場よりも高給与の職場を希望するというのは当たり前であり自然なことです。もし転職を希望し、高給与の看護師求人情報をお探しなら、ぜひ当サイトオススメの看護師転職サイト「ナースではたらこ」「ナース人材バンク」とだけはチェックしておいてください。

 

高給与の病院とそうでないところの違いとは?

 

看護師のお給料は一般的にみれば、他の職種よりも高いと言われてます。
ですがその実態は勤務先や勤務方法などによって大いに違ってきます。

 

たとえば一般の勤務に比べ、夜勤を専門にする「夜勤専従看護師」の場合とか、
あるいは夜勤専従ではなくとも、夜勤回数が多いほど高給与が見込めます。

 

あるいは公務員として働ける公立の病院であれば、私立の病院に比べ給与が高いという現実もあります。

 

たとえば私立の病院の平均年収が300〜350万円であるのに対し、公立病院の場合は初年度の平均年収を見ても420〜450万円とされてますので、明らかに給与の差があることがわかります。

 

せっかく転職をするなら、
収入アップを考えるのは当然です。

 

しかしもしあなたが考える看護師年収がもしも600万とか700万以上という高給与の看護師求人なら、通常の一般求人情報だけだと見つけることはまず不可能に近いです。
なぜならそういった高給与の看護師とは、通常は看護部長や看護師長などの役職を持った方たちの給与基準に他ならないからです。
ですが、もしあなたが原則3年以上の病院勤務経験者であり、さらに高い職業意識を持った責任感の強い協調性の高い方なら、諦める必要はありません。

 

仮に年収600万ということであれば、月収45万以上で、それにボーナスを見込めれば可能な数字です。
もし転職を希望し、高給与の月収45万以上の看護師求人情報をお探しなら、
ぜひ当サイトオススメの以下のサイトだけはぜひチェックしておいてください。

 

 

▼高給与の看護師求人の転職サイトはズバリココ!!▼

 

 ナースパワー人材センター

設立25年の歴史と実績(全国初の労働大臣許可事業所)、業界最多の実求人38000件以上で選択肢が幅広く、月収45万以上は確実!!独自の勤務形態である『応援ナース』は、6ヶ月の期限付き雇用契約で月収45万円が確実の『都市圏応援ナース』『北海道応援ナース』沖縄や離島で癒されながら働く『沖縄・離島応援ナース』といった制度で毎年2000名以上の看護師がこの制度に参加しています。

 

↓↓ ナースパワー、詳細・会員無料登録はこちら ↓↓

 



 

 ジョブデポ

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師専門の転職支援サービスです。希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介します!ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント!

 

 

↓↓ ジョブデポ看護師転職・看護師求人の会員登録はこちら ↓↓

 

 

 ナース人材バンク

国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです!年間利用者はなんと10万人以上。運営会社も東証一部上場の企業ですので安心です。最大級だけあり、コンサルタントの人数も200名近くもおり、それぞれの看護師さんへのサポートも万全です。ナース人材バンクならきっと希望条件に合った看護師求人があるでしょう。

 

↓↓ ナース人材バンク、詳細・会員無料登録はこちら ↓↓

 

ナース人材バンク

 

 

さらにこんな転職サイトも・・・!!

 

ナースJJは転職で最大35万円の支援金がもらえる転職サイトです。



 

 

 

ムリかな?って思っても探してみることが大事ですね。

 

年収420万円→年収520万円にアップしたAさん(35歳)の場合は、家族との時間に重きを置きたいと考えて転職を考えていました。
じつはAさんの場合は、病棟(常勤・2交替)→病棟(常勤・2交替)という同じ条件でありながらも、
大幅に給与がアップしたわけですが、ムリかな?って思っても探してみることが大事ですとおっしゃってます。
しかも時間外勤務が多く、拘束時間が長かった前の職場にくらべ、今回転職した職場はそんなことは全くなくて、
しかもお給料がアップしたのでとっても良かったというケースですね。

 

転職を決意したのはもちろん給与アップのため、将来に不安があったから・・

 

40代前半のBさんは、病棟勤務(常勤・2交替)→病棟勤務(常勤・2交替)で年収320万円→年収440万円に!!
定期昇給が年間800円という現状に、将来の不安を感じ、転職を決断したそうです。
条件は、自宅から30分程度で通えるところで、もちろん今よりも高給与のところと言う条件で探しました。
ですが現状は甘くありませんでした。一般的な私立の医療機関ではどこも、給与は横並び、昇給だってどこも同じような感じでした。
そこでコンサルタントに相談したところ、給与アップを目指すなら、チョッとだけ通勤距離の拡大を考えてみませんかと言われ、
探してみたのです。それで見つかったわけですが、結果的に確かに通勤時間はちょっと長くなりましたが、でも大満足です。

 

 

 

 

看護師転職、つぶやき独り言・・・

 

看護師になるには、看護大学に行くか看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。
大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、給料の面で専門卒より優遇されるということです。
それに対して、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょうね。

 

看護師転職高給与

 


姉妹サイトのご紹介