看護師資格の合格率

ここ数年における看護師資格の合格率

看護師の国家試験は、1年に1度行われます。看護師の人数の不足が問題となっている日本にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を示し続けています。

 

看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。

 

ちょっと前までは看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近頃では徐々に男性看護師も増加しています。
実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性看護師は重宝されます。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

 

常日頃、看護師とて奮闘していて、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。
楽ができる病棟はどこだろう、と真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。ちなみに、それほど激務でもない診療科としては、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいえ、どんな病院なのか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。看護師の国家試験に合格することよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校はそれほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させられるそうです。

 

厳しい学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
看護士になりたい理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。

 

 

転職の理由は今までに培ったスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。前の職場の批判や陰口は言わないようにしてください。

 

 

看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。
なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。

 

しかも、丹念に当たってみるなら、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近頃ではインターネット上に看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、会員登録して上手く活用しながら条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。

 

国外で助けを求めている人に、看護師として役に立ちたいという考えを持った看護師の方が増えています。

 

海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。看護師として海外で働きたい場合、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。

 

看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須です。

 

看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。

 

ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、こうした専門学校に合格するための予備校があるほど、難関なのです。
もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。

 

 

 

看護師転職、つぶやき独り言・・・

 

看護師の資格を持っている人の中には、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。
それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。
大多数が女性の職場なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それのみならず、
キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8732232471441245"
data-ad-slot="8490414106"
data-ad-format="auto">