看護師 離職率

看護師は離職率が高めの仕事

看護師として働く人は大半が女性なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く離職率が高めの仕事であると言えます。加えて、働く時間が規則的でないこととか、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。
自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。夜勤で心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が減ってしまう事が少なくありません。

 

将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。
年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師を養成する学校というのはいくつか種類があるのですけれど、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、相当高めの給料をもらうことできます。
病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、進んで残業をたくさんするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、通常より相当、高いものとなっているはずです。総じて看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。

 

病院勤務で、二交代制だった場合、途中で休憩をとることはとるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。
こういった長時間労働の現実も一般的に、看護師の勤務というものがハードだと思われやすい理由になっていると思います。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。

 

 

 

病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日が休日になるでしょう。何か急な事態によって呼び出されたり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。

 

 

 

看護師 求人 高給与